肛門疾患

 肛門疾患は老若男女問わず患う疾患です。そのため、長期入院が難しい方々もいらっしゃると思います。
当院では、肛門疾患(痔核(いぼ痔)、痔瘻(あな痔)、裂肛(切れ痔))の手術は、日帰り手術を行っています。
痔核(いぼ痔)に対しての治療法には、保存的治療(軟膏・内服薬)、手術療法(注射療法、切除)があります。当院では、まず保存的治療を行い、それでも症状が改善しない場合、注射療法や切除療法などの手術療法を考慮します。
痔瘻(あな痔)に対しての治療法は、手術療法を念頭に置き、治療を行っていきます。
裂肛(切れ痔)に対しての治療法は、軟膏などによる保存的治療が中心となります。また排便コントロールも行っていきます。慢性裂肛に伴う肛門狭窄(肛門が狭くなってしまうこと)になってしまうと手術が必要になる場合があります。
その他、便漏れなどの排便障害や原因不明の肛門痛なども当院で治療いたします。
適確に診断し、インフォームドコンセント(説明と同意)と情報開示に基づき、事前にどのような治療が必要か、日帰り手術が可能であれば当院での治療を提示し、入院治療が必要と判断した場合は、入院施設の有する病院に御紹介させていただきます。
肛門疾患は、病院に受診するのを少々ためらう患者様もいらっしゃるかと思います。しかし肛門疾患の大半が、早期に治療を行えば、手術を行わず、薬物療法で治療できます。少しでも肛門に違和感などの症状がございましたら、遠慮なく当院に御相談ください。